Featured Photogrepher: Reylia Slaby

We recently commissioned fine art photographer Reylia Slaby to create an original image for our website.

IINO PRODUCTIONSは、ファインアートフォトグラファーのReylia Slaby(レイリア・スラビー)に、ウェブサイト用オリジナル画像の撮影を依頼しました。

Born in Japan in 1992, Reylia Slaby was raised in the Kansai region and began her career in photography there from the age of 19. Her main goal in her work is to create culturally diverse and intrinsic imagery, while incorporating a storytelling element to her pieces. Her medium is a blend of Fine Art and fashion, exploring the relation between the two differing styles, as well as fusing aesthetics from the east and the west. 

1992年に日本で生まれたReylia Slaby(レイリア・スラビー)は、関西で育ち、19歳から写真のキャリアをスタート。 彼女の目標は、ストーリー性のある要素を取り入れながら、多様な文化を取り入れ本質的なイメージを作り出すこと。彼女の作品は、ファインアートとファッションを融合させたもので、東洋と西洋の美学を融合させながら、二つの異なるスタイルの関係性を探求している。

At 21, she worked with Mr.Children on their album “Ashioto, Be Strong” featuring her work on their album, as well as for their artist photo. At 22, she was selected for one of Adobe Photoshop’s 25 under 25 artists, to create a piece that showcases the future of Photoshop. Additional clients include DJI, L’Official, and Nikon. 

21歳の時、Mr.Childrenのアルバム「足音〜Be Strong」に参加し、アルバムには彼女の作品が収録され、アーティスト写真も掲載された。22歳の時、Adobe Photoshopの25歳以下でPhotoshopを使っているもっともクリエイティブなビジュアルアーティスト25人の一人に選ばれ、Photoshopの未来を示す作品を制作した。その他クライアントには、DJI、L’Official、Nikonなど。

Here is a piece written by Reylia about the location and how the image was created.

撮影ロケーションとビジュアル制作方法について、Reylia自身が投稿してくれました。

When someone envisions Japan, the mind conjures up an array of beautiful images. The visuals that appear, I’m sure, are closer to the cultural beauty of Kyoto, or the hustle and bustle of a city like Tokyo. Tottori is indeed one of those captivating places that completely alter your perception of a place, no one would expect a place like this is exist within Japan.

誰かが日本を思い描くとき、心美しいイメージの数々を思い浮かべます。そのイメージは、京都の文化的な美しさや、東京のような都会の喧騒などに近いのではないでしょうか。鳥取は、それらの場所に対する認識を完全に変えてしまう魅力的な場所の一つです。日本にこんな場所があるとは誰も予想していなかったでしょう。

The first time I visited Tottori, I traveled there by myself. I took a bus to the coast, and I was unprepared for what a beautiful impact it would have on me. The first time I laid eyes on the sand, it felt as if I was entering a new realm, a new type of beauty. It was so unlike other places in Japan, and it embodied a quiet regality, it had a power that I wasn’t expecting to feel. It was in that moment that I realized that up till that point, I had never completely seen the sky in Japan. A sky unadulterated by telephone wires, houses squeezed together, or even hills and mountains. My initial response to such a vast expanse was breathtaking. The clouds hovered over me, like floating kingdoms. It was the first time I realized that clouds too have shadows.

初めて鳥取を訪れたのは、一人旅でした。バスに乗って海岸まで行ったのですが、その時は、その美しさに衝撃を受けることになるとは想像もしていませんでした。初めて砂地に目をやったとき、まるで新しく美しい世界に入ったような感覚になりました。日本の他の場所にはない、静けさを体現しているような、思ってもみなかった力強さを感じました。その瞬間、それまで日本の空を完全に見たことがなかったことに気がつきました。電話線も、密集した民家も、丘も山もない空。その広大な空を見たときの私の最初の反応は、息を呑むようなものでした。まるで王国が浮かんでいるかのように、雲が私の上に浮かんでいる。雲にも影があることを初めて知ったのです。

I began to walk, aiming to climb to the very top of the dune. In this, I felt the sand grind under my feet, almost in resistance to me. After an hour, I finally reached the top, only to be greeted with a long drop at the end of a sandy cliff, and a panoramic view of the ocean. The wind tossed and turned my hair, the sand lifting up from the ground. Everything felt alive, everything was moving, all was kinetic. I was alone, and I imagined what it would be like to walk along this terrain for days, solitary and my own thoughts as my sole companion.

私は砂丘の頂上を目指して歩き始めました。足元の砂が私に抵抗しているように感じました。1時間後ようやく頂上に辿り着いた私を迎えたのは、砂の崖の先にある長い落差と、パノラマの海景色でした。風が私の髪をかき乱し、砂が地面から持ち上がる。すべてが生きているように感じられ、すべてが動いていて、すべてが動学的だった。私は一人でこの地形を何日も歩いて、孤独に、自分の思考を唯一の伴侶としていました。

I had walked for six hours straight that day, my hair was hardened with salt, and my skin was flushed from the sun, and my body was exhausted from the absorption of heat from the summer day. On my way home, I knew that I had come to a special place, and that I needed to have a shoot here soon.

その日は6時間連続で歩き続け、髪は塩で固まり、肌は日差しに照らされ、体は夏日の熱を吸収して疲れ果てていました。帰り道、私は特別な場所に来たことに気づき、早くここで撮影をしなければならないと思いました。

When Iino suggested a collaboration, I knew that I wanted to revisit this special place. I wanted to recreate the multitude of emotions and thoughts that came to me that first day that I had gone.

IINO PRODUCTIONSがコラボ撮影を提案してくれたとき、この特別な場所に再訪したいと思いました。初めて鳥取砂丘に行った日に浮かんだ様々な感情や思いを再現したいと思ったのです。

The second time visiting was a different experience. Because this time around I had taken the team in winter, it was fascinating to see the juxtaposition of the seasons, and they truly couldn’t have been more unlike, but both majestic and powerful in their own way.

2回目の訪問はまた違った体験でした。今回は冬にチームを連れて行ったので、季節の移り変わりを見るのはとても魅力的でした。これほど似ているとは思いませんでしたが 堂々としていて力強さを兼ね備えていました。

It was such a wonderful time being able to come back to this magical spot to create this piece. It was challenging to edit the sand to make it smooth. In the winter the sand freezes, and creates a completely unexpected look. But with Photoshop, the sand was able to be evened out, and we were transported back to summer.

この不思議な場所に戻ってきて、この作品を作ることができたのは、とても素晴らしい時間でした。砂を滑らかにするための画像編集にも挑戦しました。冬になると砂が凍ってしまい、全く予想外の表情になってしまいます。でも、Photoshopで砂を均一にすることができて、夏に戻ったような気分になりました。

After the shoot, I was so pleased to come back and revisit this amazing place. It made me even more excited, because I know that Japan is replete with places like this. Places that one doesn’t expect, places that have you rethink, and change your pre-conceived conceptions of a place. Through that sometimes, you can even change yourself. And that’s truly when it becomes the most exciting and beautiful. 

この素晴らしい場所を再訪できたことがとても嬉しかったです。日本にはこのような場所がたくさんあることを知っているので、わくわくします。思いもよらない場所、考えさせられる場所、先入観を変えてくれる場所。それらを通して、時には自分自身を変えることもできる。そして、それが私にとってもっとも楽しくて美しい瞬間なのです。